関西ものづくり産学官連携情報プラザ

産学官連携セミナー、シンポジウム等の情報(開催順)

スマートテクノロジー新技術説明会

大阪市立大学、大阪府立大学、兵庫県立大学は、共同研究、新規事業を検討している企業関係者に向けて、選りすぐりのシーズ説明会をJST東京で開催します。個別相談等産学連携の出会いの場も設定します。奮ってご参加ください。

日時

2019年01月24日(木)10:30〜16:00

会場

JST東京本部別館1Fホール
(東京・市ヶ谷)

講師

①(バイオ)アプタマー修飾粒子の誘電泳動に基づく分離操作不要な簡易センサの開発(兵庫県立大学・安川智之)
②(情報)歩き方でわかる! 疾病診断支援と人物同定(大阪市立大学・中島重義)
③(医療)疾病の超早期診断を可能にするプリンテッド光学センサーの開発(大阪府立大学・遠藤達郎)
④(環境)大面積を自然に冷やす薄型蒸発パネル(大阪市立大学・西岡真稔)
⑤(計測)ホログラフィ技術を用いた大面積ナノレベル平面度・形状・粗さ測定装置(兵庫県立大学・佐藤邦弘)
⑥(製造技術)超高速・大規模構造解析による溶接変形・残留応力シミュレーション(大阪府立大学・柴原正和)
⑦(材料)ケイ酸ガラス系繊維の簡易合成法とその応用(兵庫県立大学・飯村健次)
⑧(計測)大面積・多機能フレキシブルセンサシート(大阪府立大学・竹井邦晴)
⑨(製造技術)マイクロリンクルを利用した転落液滴の運動コントロール(大阪市立大学・加藤健司)

料金

無料

定員

100名

締切

2019年01月24日(木)

主催

科学技術振興機構、大阪府立大学、大阪市立大学、兵庫県立大学

詳細・申込

https://shingi.jst.go.jp/kobetsu/3kansai/2018_3kansai.html

RECイノベーションカレッジ
やさしい高分子化学「高分子材料の基礎と応用製品」

 プラスチック、高分子フィルム、化学繊維等の高分子材料は、私達の身の回りのいたるところで使われており、すべての産業分野の部材として極めて重要な役割を果たしています。関連する企業では、高分子材料の知識や技術を持った、開発、製造あるいは営業に従事できる人材が望まれています。
 本講座では、企業の人材育成の一助として、高分子材料の科学・技術を理解していただくために、高分子材料を用いた応用製品について、“なぜその材料が使われるのか?”、“なぜその材料が適しているのか?”を実際の製品の機能、構造、製造法について学びます。

日時

2019年02月06日(水)〜02月20日(水)

会場

龍谷大学瀬田キャンパスRECホール教室
大津市瀬田大江町横谷1-5(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約8分)

講師

①2月6日(水)
14:20~15:50「高分子の基礎(1)」
16:00~17:30「高分子の基礎(2)」
龍谷大学理工学部物質化学科 教授 中沖 隆彦

②2月14日(木)
14:20~15:50「繊維製品」
16:00~17:30「フィルム製品」
③2月20日(水)
14:20~15:50「エンジニアリングプラスチック(複合材料含む)」
16:00~17:30「高分子製品における複合化効果」
龍谷大学REC 顧問 石原 英昭
(元 東洋紡フィルム研究所 所長、京都工芸繊維大学 教授)

料金

①2月6日(水)
会員価格:6,000円、一般価格:12,000円

②2月14日(木)
会員価格:6,000円、一般価格:12,000円

③2月20日(水)
会員価格:6,000円、一般価格:12,000円

定員

30名(申込先着順)

締切

2019年01月30日(水)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター(REC)
滋賀県プラスチック工業会

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/koubunshi/

2018年度 第6回REC BIZ-NET研究会
「SDGs(持続可能な開発目標)がもたらす新しいビジネスモデル」

2025年に大阪・関西万博が開催されることになりました。その万博がめざすものの一つに、「国連が掲げる持続可能な開発目標(SDGs)が達成される社会」があります。
 SDGsが目指す未来社会とは、健康・医療、農業・食料、環境・気候変動、エネルギー、安全・防災、人やジェンダーの平等など、グローバルな課題を解決した姿です。さらに、SDGsは、企業を主要な実施主体の一つと位置付けており、これからの企業活動を考える上で避けて通れませんが、新たなビジネスモデルを創出するチャンスでもあります。
 今回の研究会では、本学政策学部深尾教授より、SDGsの理念および、社会環境の変化の中で期待されている新たなビジネスモデルについて、紹介させていただきます。
 また、障がい者の新たな就労支援の場としてビジネスを創出した、SDGsを体現する企業である、(株)革靴をはいた猫 代表取締役の魚見様に講演いただきます。本テーマにご関心のある方々のご参加をお待ちしております。

日時

2019年02月07日(木)14:00〜16:30

会場

龍谷大学大阪梅田キャンパス
(JR「大阪」駅 桜橋口出口より徒歩4分)
(大阪市北区梅田2-2-2 ヒルトンプラザウエスト オフィスタワー14階)

講師

<プログラム>
 1.講演(14時10分~15時00分)
 「社会環境の変化と企業経営」 
  龍谷大学 政策学部 政策学科 教授
       龍谷エクステンションセンター(REC)センター長 深尾 昌峰

 <休憩 15時00分~15時10分>

 2.講演(15時10分~16時00分)
 「あらゆる若者が活躍する社会を目指して」
  株式会社 革靴をはいた猫 代表取締役 魚見 航大 氏

 3.名刺交換会(16時00分~16時30分)

料金

無料

締切

2019年02月04日(月)

主催

龍谷大学 龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201806

京都ビジネス交流フェア2019

京都部・公益財団法人京都産業21が主催する「京都ビジネス交流フェア2019」に出展します。
本学は研究成果を社会に還元するため、電気・機械・建築・情報・医療の専門分野を通して、新しい科学技術の可能性の発掘・推進に取り組んでいます。今回は、主に産学連携制度の紹介を行います。

日時

2019年02月14日(木)〜02月15日(金)

会場

京都パルスプラザ
(京都府総合見本市会館)「大展示場」
京都市伏見区竹田

主催

【主催】京都府、公益財団法人京都産業21
【共催】一般財団法人京都府総合見本市会館
【後援】近畿経済産業局、京都市、京都商工会議所、(一社)京都経済同友会、(公社)京都工業会、京都産業育成コンソーシアム、京都産学公連携機構、(公財)全国中小企業取引振興協会
【協賛(50音順)】一志株式会社 大阪ガス株式会社 オムロン株式会社 京セラ株式会社 株式会社京都銀行 京都信用金庫 京都信用保証協会 京都中央信用金庫 京都リサーチパーク株式会社 サムコ株式会社 株式会社SCREENホールディングス ニチコン株式会社 日新電機株式会社 株式会社堀場製作所 村田機械株式会社 株式会社村田製作所 株式会社ユーシン精機 ローム株式会社

詳細・申込

https://www.ki21.jp/bp2019/

「2018年度 関西大学 特別公開講座 大同生命寄付講座」
~関西中小企業の活性化と経営革新セミナー~

関西大学は、2002年度より大同生命保険株式会社のご支援を得て、特別公開講座を開講しております。
関西には多くの中小企業集積地があり、そこで高品質の製品やサービスを日本や世界の企業に提供しています。関西の経済にとって、中小企業は大変重要な位置を占めています。
今年度のセミナーは、老舗メーカーがいかに限られた資源を活かしながら持続的成長を続けるために挑戦しているのか、若手モノづくり企業創業者がいかに社会課題をとらえその解決を図ろうとしているのか、「現場での取り組み」について、明日に活かせる実務者視点の経験談を通じて、企業の成長戦略・事業革新の一助となることを狙いとしています。
企業経営に携わっておられる皆様の積極的なご参加をお待ちしております。

日時

2019年02月16日(土)13:00〜18:00

会場

関西大学 梅田キャンパス 8階ホール
(大阪市北区鶴野町1番5号)

講師

【プログラム】
13:00~13:15
開会のご挨拶(大同生命保険株式会社・関西大学)

13:15~14:45
「ファブ有 ベンチャー 中小企業でも企画・開発・設計・製造・工事・販売
仕組みを作って新しい製造業で日本を元気に」
株式会社ノエックス 代表取締役社長 山田 祐輝 氏

14:45~15:00 休憩

15:00~16:30
「町工場の変革への挑戦 ベンチャー型事業承継で目指す中小企業のイノベーション」
株式会社木幡計器製作所 代表取締役 木幡 巌 氏

16:45~18:00 懇親会(梅田悔んパス4階 多目的室)

料金

2,000円(資料代、懇親会費を含む)

定員

100名

主催

関西大学社会連携部 産学官連携センター

詳細・申込

http://www.kansai-u.ac.jp/renkei/event/detail.php?i=404

2018年度 第7回REC BIZ-NET研究会
「土壌汚染に立ち向かう農業」

近年、消費者の間で食品の安全・安心についての関心が、非常に高まっています。国際的に、食品中の害のある物質量の限度や衛生的に取り扱う方法を決め、消費者の健康を保護し、公正な食品貿易の実施を促進することを目的に食品の規格を作るコーデック(CODEX)委員会(FAO及びWHOにより設置された政府間機関)が1963年に設置され、食品規格の策定等を行っています。
 我が国は1966年より加盟しており、厳しい安全基準値を守ることで安全な農産物の生産および輸出を行っています。
 農作物は根などを通じて土壌中のカドミウムやヒ素などの汚染物質を吸収しますが、この吸収を抑制したり、土壌中の汚染物質の量を減らすことで、農産物中の濃度を下げることが可能です。
 汚染物質の低減技術の開発は、国立研究開発法人(農業・食品産業技術総合研究機構)、大学、都道府県試験場、民間企業等が協力しながら進められています。
 本研究会では、農地における土壌汚染現場での対策および汚染低減技術開発の最先端を紹介します。

日時

2019年02月19日(火)14:00〜17:30

会場

龍谷大学 瀬田キャンパス REC小ホール
大津市瀬田大江町横谷1-5
(JR琵琶湖線「瀬田」駅よりバス約 8分)

講師

<プログラム>
1.開会の挨拶(14:00~14:05)

2.講演(14:05~14:20)
 「汚染物質はどこから来るのか?~日本の地質と鉱床の分布~」
  龍谷大学農学部資源生物科学科 准教授 森泉 美穂子

3.講演(14:20~14:50)
 「イネを用いたファイトレメディエーション(汚染土壌の修復)」
  ヤンマー株式会社 営農技術アドバイザー
  龍谷大学食と農の総合研究所 客員研究員 阿江 教治 氏

4.講演(14:50~15:30)
「カドミウム・放射性セシウム汚染水田の物理化学的浄化法」
太平洋セメント株式会社 中央研究所第3研究部長 高野 博幸 氏

      <休憩 15:30 ~ 15:40 >

5.講演(15:40~16:40)
「カドミウム・ヒ素汚染に打ち勝つ水稲品種の育成」
農研機構 農業環境変動研究センター作物リスク低減ユニット長  石川 覚 氏

6.総合討論(16:40~17:10) 司会:森泉 美穂子 

7.名刺交換会(17:10~17:30)

料金

無料

締切

2019年02月18日(月)

主催

龍谷大学龍谷エクステンションセンター

詳細・申込

https://event.rec.seta.ryukoku.ac.jp/biz-net-201807/

産学官連携お役立ち情報


独立行政法人科学技術振興機構「ReaD & Researchmap」

独立行政法人科学技術振興機構(JST)が運用するサイトです。このサイト内の「研究者検索」では、研究キーワードや研究分野等からの全国の大学等研究機関の研究者の検索が可能です。

近畿経済産業局「産学官連携関連公募情報」

産学官連携関連の関西地域中小企業向け主要施策・情報一覧として、研究開発や技術開発に係る公募予告及び公募中の情報が広く公開されています。

近畿経済産業局「産学官連携」

産学官連携を推進する近畿経済産業局の関連施策が幅広く、掲載されています。

文部科学省「大学等における産学連携等実施状況について」の調査公表

文部科学省で毎年実施されている「大学等における産学連携等実施状況について」の調査内容が公表されています。産学連携の実績件数や金額、特許権や産学連携分野等の動向に関する調査結果が報告されています。